テガラランの家 2017年10月竣工 / つくりびとの家 2017年12月竣工 _1060831.JPG

2018年09月29日

メルハバの家

3.JPG

迷宮 改め メルハバの家。
正確にはメルハバはトルコの挨拶。
モロッコはフランス語が多く、「サヴァ?」みたいな感じがよろしいようです。

「Ca va?」元気?

同じ名前の美味しいサバ缶があります。私の好みは緑のレモンバジル味。 

・・・というわけで、モロッコでもイスラム教の熱心な信者さんは「アッサラーム・アライクム」だそうで。
女性は顔出しNGなので、
顔をスカーフで覆いながらそんな挨拶をすると、現地にとけ込めるでしょうか。

4.JPG

今日は2階へ。
格子床とアイアンの手すりで抜け感があります。
お子さまが小さなうちはネットなどをつけるのがよろしいですね。

尚、弊社の棟梁は、写真奥の梁をホイホイと渡り、
右側壁の照明器具にランプをくるくるとまわしつけ、
再びヒョイヒョイッと戻りました。何度見ても ひょ〜👀💦となります。

勿論 手すりや命綱などありません!
良い子は決して真似をしないようにしましょうと言いたい。

5.JPG

格子床の先はベランダで、公園の緑がここでも借景となっています。
夏の暑さを緩和する為のロールスクリーンは設けましたが、
普段は開けっ放しがとても気持ちよいですね。

6.JPG

階段はアイアンでつくってもらいましたが、
ちょっとした仕掛けがあります。

7.JPG

この場所がより心地よく楽しい場所になるかなと、
アイアンのピッチに合わせて木箱をはめ込んでいます。
木箱は少しずつ奥行を変えて、
文庫本サイズ〜雑誌サイズまでに対応。

お引渡しも終わり、
10月はじめの週末には、また江別市内で完成見学会があります。






posted by アドベンチャー at 18:58| Comment(0) | works-2018- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

迷宮の家 其の弐

_1070607.JPG

街中に響くアザーン。
アザーンとはイスラム教の礼拝に誘う歌声。

コーランの一説を歌っているとの説もありますが、
基本は「礼拝の時間ですよ。いらっしゃい」と言っているそうで、
「あぁやぁぁぃえ〜〜〜〜〇✖∴◇□゜↷● アッラ〜お〜い〜で〜 」みたいな感じ。
旅情を誘い、聞けばアナタもシビレルはず。

モロッコへは行った事がありませんが、
私が旅した事のあるエジプトやトルコでも早朝のアザーンが目覚ましがわりで、
その後1日に何度もある礼拝の時間ごとに、その歌声が街中に鳴り響きます。
イスラム圏の独特な空気感に包まれていると、その音が私にはとても心地よく感じられました。

「迷宮の家」が完成して、
また違うテイストのお家の打合せも続いていきますが、
日本とは全く違う文化圏の国にも久しぶりに行きたくなりました。

そういえば、今打合せ中のお客さまはアメリカで暮らしていた事があるご家族!
今までにない素材やイメージが盛り込まれ、楽しみなのです♪

_1070531.JPG

イスラム圏の国もお茶はチャイ。とにかくスパイス!!って感じ。

_1070537.JPG

お客さまからリクエストがあったキッチンの壁色。
ターコイズブルーを少し濃くしたような色。ターコイズブルーはトルコ石の色ですね。

_1070605.JPG

先日のように大きな災害もあるけれど、日本は平和。
あの美しい国々とそこに暮らす人々の安全な生活が守られる事を願うばかりです。

_1070610.JPG

秋の日差し










posted by アドベンチャー at 22:50| Comment(0) | works-2018- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

迷宮の家 其の壱

_1070511.JPG

昨夜は十五夜さんでしたね。
晩ご飯時、窓にぽっかりと満月が見えました。
月を見ると吠える習性の狼系な人もいるけれど、私は泣きたくなります。
お団子を積んでお月見した子供の頃を思い出すからかな。

先週末3連休の後半2日は、「迷宮の家」完成見学会でした。
世は行楽の秋ですが、完成した家で過ごさせてもらえる素敵な時間を頂き、
私はお休みやお出かけできなくても不満など全くない! です。はい💧

_1070524.JPG

過ごすとわかる快適さ。
気持ちよくて本当に癒されました。宣伝抜き

迷宮の家たる所以は、オーナーさまが旅した事のあるモロッコという国から。
信仰によって築かれた歴史に、脈々と育まれた習慣や文化。
それらを色濃く感じさせるイメージを持った国ですよね。

喧騒の路地を歩いていると、何だかふらふらしてきそう。とか、
迷宮都市と言われるフェズの旧市街、迷ったら戻れないかもしれないラビリンス。とか、
オーナーさまにとっても旅の印象は強く残っただろうと決めてかかり、
迷宮の家となった次第です。

_1070512.JPG

オーナーさま所有のチェストにも、迷宮テイストがみてとれます。
だから横に貼るタイルも、最初っからアヤシク古びてもらわなきゃ合わない。

・・・旧市街感、少しは出ているでしょうか。

_1070598.JPG

再びリビングに戻り、薪ストーブの迫力を感じる。
無垢の床はブラックウォルナット、薪ストーブ床は古材風タイル。

公園の緑が映える素晴らしいロケーションです。

_1070526.JPG

開催にご協力頂いたオーナーさま、お越し頂いたお客さま、
施工関連業者さまには、心からお礼を申し上げます。

























posted by アドベンチャー at 19:27| Comment(0) | works-2018- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック