紡葉の家 2019年3月竣工 / ヒュッゲ小屋 2019年10月竣工 10.jpg

2009年04月27日

シネマなインテリア…メディシンボックス☆ 

medicine box1.jpg

彼女はやや乱暴にメディシンボックスの扉を開ける。

アスピリンやビタミン剤などだろうか、小さなボトルが沢山並んでいる。

もどかしそうに目当てのボトルを探す…と、音を立ててボトルが数本、洗面ボウルに落ちてころがる。

「あ〜、飲み過ぎたぜぃ」

探しあてた胃腸薬を水で流し込み、女はドッと眠りについた。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

違う。。。。。。。
途中までは古い映画のシーンをイメージしていたのに。。。

仕切り直しで。

探し当てたボトルから、ザザッと出る錠剤…数えなくていいのかなぁなどの心配をよそに、がっと飲み込んでしまう。

女は怯えていて、目も虚ろだ。まさに事件のニオイ確実。

洗面台に突っ伏し、嗚咽する。。

このシーン、死刑台のエレベーターでのジャンヌ・モローが似合う。
ただし、実際のシーンに、このような場面があったかどうかは未確認。
あくまでも私のイメージです。ご了承下さい。

「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンでもいい感じ。
美しく、神経質な表情がミラーに写る。

リメイク版「リプリー」のマット・デイモンもまぁヨシ。しかし趣味的にはジュード・ロウの方が好き。 (いや、好き嫌いの話じゃないか)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

apwr.JPG

古い映画のシーンでたまに登場する「メディシンボックス」。(メディシン キャビネットともいいますね)

その名の通り、お薬を入れるものとして欧米では使われています。
洗面台のミラー収納というと、日本ではスキンケア化粧品やヘアスタイリング剤、デンタルケア用品などを入れるスペースとして使われている事が多いですね。

2枚目の画像のミラーも、このメディシンボックスタイプ。

ま、あまり入りません。

コスメ.jpg

皆さまのお宅、ここの収納は足りていますか?
我が家は足りません。全然。 (上のコスメ画像も一部)

2人分のコンタクト用品だけでもかなりの量ですし。
ドラッグストアに行くと試してみたいモノがあふれていますし。。
タオルだって、すぐに取り出せるように、重ねておきたい。

teine2.jpg

洗面化粧台まわりに関しては、収納が多ければ多いほど、私ならばウレシイなぁ〜〜。

n1.jpg

…と色々ありましたが、「夢みるドレッサー」のシリーズも今日で一段落。
また次回からは、違うテーマでまいります。

最後にまたメディシンボックス画像で。右のミラーです。

tile counter1.jpg

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。



















posted by アドベンチャー at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック