紡葉の家 2019年3月竣工 / ヒュッゲ小屋 2019年10月竣工 10.jpg

2009年05月18日

*痛くない歯医者さんのインテリア後編*

kuroda sika 2.jpg

診察台に寝て「はい、お口をあ〜ん」と言われ…
当然、素直に「あ〜ん」をしますが、
その前を他の患者さんが行き来する…(通路が診察台の前にある為)…

その見知らぬ患者さんに、のどの奥まで見られてしまいそうで、
「イヤン」と思った事、ありませんか?

ご安心下さい!!
こちらの歯医者さんは、その辺りも考慮した設計となっております。

上の画像が通路。
診察室へは引き戸が設けられております。
どことなくレトロモダンな廊下の風景♪

閉鎖的にならないよう、上部は開放です。(5月11日から連載中ですので、別の写真も是非ご覧下さいませ)

kuroda sika 3.jpg

通路途中にはディスプレイコーナー。↑↑
床材で変化をもたせています。

kuroda sika 1.jpg
待合室側の洗面コーナーとWC。↑↑

インテリアに対する先生と奥さまの造詣が深く、建築士Sクンとのイメージのやり取りも完璧。
とてもスムーズで楽しい打合せでした。

kuroda sika 4.jpg
受付コーナー。↑↑

ベースの色合いがシックなので、ライムグリーンのファブリックパネル(モンステラ柄)をアクセントにしました。
キラっと輝くペンダントもステキ。

本来、歯医者さんへはなるべく行きたくありませんが、
どうせ行くならリラックスして治療を受けられる所がいいですよね。

診察室では 飛ぶ おサルさんでなごめる(昨日の画像へ)し、先生も気さくな方。
きっと痛くない、歯医者さんです。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村










posted by アドベンチャー at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築です。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック