紡葉の家 2019年3月竣工 / ヒュッゲ小屋 2019年10月竣工 10.jpg

2016年06月16日

彗星と旅する家2

_1040291.jpg

このところの札幌は雨の日が多い。。。
傘やコート、濡れた靴などを気兼ねなくおいたり掛けたりしておける、
そんな場所があれば便利でしょうねぇ。

こんな感じ…(上の写真)玄関続きの土間。 
フックやバーもこのお家の為にデザインされた造作もの。アートみたいです。 

_1040231.JPG

「彗星と旅する家」の名前の由来となったのが、こちらの照明。
レクリント社というデンマークのメーカーが1944年に発表したシリーズで、
プラスチックシートを職人さんがナント手作業で折り曲げているのですって!! 
その緻密な仕上りには、ワタクシも手作業萌えを覚えます。

「彗星」というニックネームがつけられたこの器具は、そのシリーズをリデザインしたものとの事ですが、
長く受け継がれていくデザインというのも、これまた萌えポイント〜

_1040286.jpg

↑ここにもお揃いで。

28558-01-01.jpg

物の配置や窓とのバランスなどを考慮して設計された壁面。
オーナーさんは、きっと素敵な時間を過ごして下さっている事と思います。

                    


チャーリーのいない部屋で、つい気配を探しています。
チャーリーの気配や音、ここの空気感をつくっていた存在の大きさを、
あらためて思い知らされました。

BGMをバッハのゴールドベルグ変奏曲にかえました。

cha1.gif










posted by アドベンチャー at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | works-2016- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック