紡葉の家 2019年3月竣工 / ヒュッゲ小屋 2019年10月竣工 10.jpg

2009年05月11日

☆。。ウェルカムなアイテム。。☆

fp.JPG

札幌にも春の訪れを感じるこの頃・・・。
ホームセンターやお花屋さんの店先も、色とりどりの苗が所狭しと並べられています。

我が家の庭はというと、チューリップやヒヤシンス、きれいなブルーの花や木々の他、正体不明の草も生い茂り・・・ワイルドな状態です。

そろそろプランターに苗を植えようかという事になり、今度の週末あたり助っ人がやってくる予定になっています。(困った時の親頼みあせあせ(飛び散る汗)

eu.JPG

生花はいいなぁと思うのですが。。。
あっという間に枯れ、
こだわって選ぶと高価であり、
お手入れが必要である。

このような理由から、玄関などのディスプレイには、思い切って造花を選ぶのもおススメです。
最近の造花はとても美しくエレガント。

上の写真のようにファブリックパネルと色を合わせたり、2枚目の写真のようにディスプレイ小物(ここではウサギ)と合わせたりするとお互いが一層引き立つと思いませんか?

ファブリックパネルは最近、とてもよく使うアイテムです。

お客さまからの評判も上々で、よく購入経路などのお問合せを頂きます。
当社でも販売商品として扱っていますので、ご希望の方は是非お問合せ下さいませ。

en.JPG

玄関ホールなどでたまに見かけるニッチ。
小さなスペースではありますが、気を抜けない場所でもあります。

例えばこのように、奥の面だけクロスを替えると、ひとあじ違います。
この場合、そのクロスの持つイメージと、ディスプレイする物・・・必ず合わせなくてはダメです。

ep.JPG

上を見上げればシャンデリア。

ゴツっとしたガラスがかわいく、一応ワイヤー吊り。
本来ワイヤーは長くして、食卓上などの照明として使うのですが、短くしてもらい玄関の天井に。

キラキラ感のある灯りが幻想的で好きです。

eh.JPG

本日は「玄関ホールのディスプレイ」というテーマにしてみました。

ディスプレイというわけではありませんが、来客用のコートクロークなどがない場合に便利なのが、上の写真に写っているコート用フック。

使用時だけパタっとフックを倒すもので、戻すとスッキリ。
色はホワイトとクリア系の木目があります。
KAWAJUNというメーカーのもの。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。









posted by アドベンチャー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

◇◇◇ まったり過ごすベージュの家2 ◇◇◇

teine53.JPG

まったりした土曜の昼下がりをお過ごしの方々。。。
いい具合の場所で、まったりしていらっしゃいますか?

私事ですが、結婚してからパタッと、昼寝やうたた寝をしなくなりました。
つまり実家ではよくゴロゴロしていた眠い(睡眠)…という事ですが…。

たっぷりしたアルフレックスのソファが、「休んでいいよ〜〜」と誘ってくれます。
お昼ご飯も終わって、となると眠くなるはずなのに。
あ〜〜貧乏性ってヤツかしら?

不思議な事に、実家へ行くとダイニングにあるベンチでゴロンとしたくなり、そして眠くなります。眠い(睡眠)
皆さまはいかがかしら?
 
@      @      @      @      @

ゴロンとするのにいい感じのソファが、最近多いですね。
カウチタイプ。上の画像にも写っています。

サイドテーブルにお茶とお菓子を用意して、足を投げ出して本を読むひと時…即効、オネムな状態になりそうです。

teine54.JPG

そういえば、我が家の居間は勾配天井。
天井が傾斜しながら、ググッと高くなっています。

私がゴロン又はグウスカ眠い(睡眠)しにくいのは、天井が高い事と関係があるかもしれません。ひらめき

寝室などは、天井が低めの方が安眠しやすいと言われています。
内装のクロスなども、寝室の天井をわざと壁より濃い目にして、落ち着いた雰囲気を演出する。
これも、よくご提案している事。

あら、こちらの「まったり過ごすベージュの家」も、居間階段なので一部吹抜けでした。(2枚目写真)

それではお茶と本を持って2階へどうぞ。

teine57.jpg

2Fホールの一角、小上がりになっています。(左写真)
段差をつけて床を上げていますので、こちらは天井が低め。

ブランケットとピローを持ち込んで…
勿論、毛布と枕でもOKですわ。
至福のひと時をまったりお過ごし頂けます。

余談ですが、ブランケット&ピローと毛布&枕は同じようで違います。
うたた寝用のそれを新しくご購入の際は、できればインテリアに調和するものをご選択下さいませね。
それがブランケット&ピローでございます。

@      @      @      @      @

だから私はベージュが好きなのよ。

どんな色とでも、仲良くしてくれる。
たとえ、毛布&枕でも。



ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。









posted by アドベンチャー at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

◇◇◇ まったり過ごすベージュの家 ◇◇◇

teine51.jpg

本日も、まったりしたブログ時間の始まり。。。グッド(上向き矢印)

BGMは「中田悟・自然音シリーズ 神秘の島、バリ」。
ジャングルの息づかいや、野鳥・虫達のざわめきが録音されています。
冬の間は聴きたくならない音…今はいい感じ。リゾート

個人的には、ジャングルとまではいかなくても、アジアンモダンなリゾート風インテリアも大好き。

バリ…そのうち行ってみようっと。

最近ご紹介したモノトーンの家、のお隣さんが、本日の画像。

一番上の写真…乳白色のガラスブロックと、カウンターに使用したニューヨーカーガラスというモザイクタイル(下の写真左)がポイント。

渋めの色合いが大人好みです。

こちらのモデルは、インテリアカラーを決める際に、1枚のファブリックから組立ててみました。
それが下の右側画像に写っているテーブルマット。

teine56.JPG

サザンクロス(五洋インテックス社)の生地で、ベージュの濃淡とグレーのストライプ。
ボヤ〜ンとした色ですが、ストライプなのでしまって見えます。これがヨシ。

teine52.jpg

teine55.JPG

テーブルマットと同じ生地のクッション。
カーテンはオフホワイトとベージュ、光沢のある無地の生地を2種類使って製作してもらいました。

ソファの貼地やラグマット、壁のファブリックパネル。
どれも少しずつ色をずらしています。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

まだ途中ですが、時間切れとなりました。
私が遅いのか、時間が早いのか…いつも悩みます。

今日は私の好きなNHK「世界ふれあい街歩き」という番組が入ります。
現在、我が家ではDVDのリモコンが壊れており、録画機能停止中。
ライブで見なくてはなりません。
しかも北欧編。

…というわけで、この続きはまた次回。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。

















posted by アドベンチャー at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

■□■ようこそ、モノトーンの世界へ■□■

しばらくお休みさせて頂きましたが、本日復活いたします。手(チョキ)

wan.jpg

お休みだった為、頭の回転は更に失速。
この前は…っと、「モノトーンの家」のお話(5/2記事)ですので、今日はその続きを。

失速モードで画像を探すと、モノトーンの犬が目に留まってしまいました。

こちら、ダルメシアンのヌイグルミ。
オスワリ姿勢で身の丈79pと、なかなか巨大です。

モデル用に購入いたしましたが、残念な事に、座りが悪かった為(つっかえ用の壁が必要)、ウチのオフィスの番犬となった次第であります。
「下から目線」のショットが凛々しいでしょう?

cha.jpg

対するは我が家の犬、チャーリー。
真正面のショットが情けなさ倍増の、ワイヤーフォックステリア。
なぜか最近は柴犬似。
モノトーンというよりは、あいまいな色合い・・・という感じがなんとも愛らしいのですよ。揺れるハート

2f view2.JPG

ここに来て ようやく本題のモノトーンの家、本日は「上から目線」の画像を…。

5/2登場の建物内部を、2Fホールから見た画像です。
アールがキレイ。

2f view1.JPG

少し引くと、こんな感じです。
エビータという名のペンダントライトと、アルミ色のシーリングファンが、謎の飛行物体ぽくて気に入っています。


1.jpg

札幌地方、全体的に今年の連休はポカポカと暖かく、ウレシイお天気でした。

私共は数日間、市内の実家へ。
結婚記念日や誕生日など、身内のイベントや近場へのお出かけで軽く盛り上がっていました。

2.jpg

モノトーンなテーマに対して、あまりにもマブシイこれらの画像は、パティスリー・シイヤのケーキ(全て私好み)と主人がオーダーしてくれたアレンジメント。

お花とお菓子って、はかない美しさ…という所がまた、たまりませんね。
リフォームの解体現場(壁や天井などが壊された状態)にも、それに似たようなものを感じますが。。。



ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。



posted by アドベンチャー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

□■□ ようこそ、モノトーンの世界へ □■□

ima view1.jpg

夫婦共に住宅メーカー勤務を経験している私達にとって、GWにお休み…という感覚はありません。

しかしながら、ここ2〜3日、札幌地方は良いお天気続き。
ワンコと散歩をしながら、暖かな春をしばしエンジョイしています。

□   □   □   □   □   □   □   □

画像は、今年の春に完成した建物から。

白い床材が最近 人気です。
白といいましても木質床材の白は、ビアンコなどの石材とは違い暖かみがあります。

色々な建材メーカーさんから「白い木質床材」が販売されていますので、微妙な白違いを比べてみると楽しいでしょう。

そうそうひらめき春は新商品の季節でもありますね。
私達も先日、ある建材ショーに行ってまいりました。
お手頃な価格帯で、いい色合いと風合いの床材…も出ていましたよ。


演劇 こちらのインテリアは「アール」がポイントです。

大きな吹抜を、縦横に走る梁と柱。。。ブラック色の直線なので、ともするとキツイ印象になりがち。
それを視覚的に和らげているのがアール。。。階段の手すり壁と、2Fホールの腰壁です。

そして更にアールなのが、下の画像。。。床材の見切り、モザイクタイル。

entrance ima.jpg

モザイクタイルの色も、勿論モノトーンの組合せです。
掃き出し窓から、春の日差しがたっぷりと…

大きな窓は玄関ホールにもございます。
明るく広々〜〜なので、ボリュームサイズの玄関収納ですが思い切ってブラック色にいたしました。

玄関収納の下部には照明を入れて。
カウンター側の壁面はエコカラット、上部にはやはり照明を。

夜、この2ヵ所の照明だけを灯すと、柔らかな印象でステキです。

「お帰りなさい。」を、灯りも一緒に伝えてくれますね。



ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。





posted by アドベンチャー at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

シネマなインテリア…メディシンボックス☆ 

medicine box1.jpg

彼女はやや乱暴にメディシンボックスの扉を開ける。

アスピリンやビタミン剤などだろうか、小さなボトルが沢山並んでいる。

もどかしそうに目当てのボトルを探す…と、音を立ててボトルが数本、洗面ボウルに落ちてころがる。

「あ〜、飲み過ぎたぜぃ」

探しあてた胃腸薬を水で流し込み、女はドッと眠りについた。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

違う。。。。。。。
途中までは古い映画のシーンをイメージしていたのに。。。

仕切り直しで。

探し当てたボトルから、ザザッと出る錠剤…数えなくていいのかなぁなどの心配をよそに、がっと飲み込んでしまう。

女は怯えていて、目も虚ろだ。まさに事件のニオイ確実。

洗面台に突っ伏し、嗚咽する。。

このシーン、死刑台のエレベーターでのジャンヌ・モローが似合う。
ただし、実際のシーンに、このような場面があったかどうかは未確認。
あくまでも私のイメージです。ご了承下さい。

「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンでもいい感じ。
美しく、神経質な表情がミラーに写る。

リメイク版「リプリー」のマット・デイモンもまぁヨシ。しかし趣味的にはジュード・ロウの方が好き。 (いや、好き嫌いの話じゃないか)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

apwr.JPG

古い映画のシーンでたまに登場する「メディシンボックス」。(メディシン キャビネットともいいますね)

その名の通り、お薬を入れるものとして欧米では使われています。
洗面台のミラー収納というと、日本ではスキンケア化粧品やヘアスタイリング剤、デンタルケア用品などを入れるスペースとして使われている事が多いですね。

2枚目の画像のミラーも、このメディシンボックスタイプ。

ま、あまり入りません。

コスメ.jpg

皆さまのお宅、ここの収納は足りていますか?
我が家は足りません。全然。 (上のコスメ画像も一部)

2人分のコンタクト用品だけでもかなりの量ですし。
ドラッグストアに行くと試してみたいモノがあふれていますし。。
タオルだって、すぐに取り出せるように、重ねておきたい。

teine2.jpg

洗面化粧台まわりに関しては、収納が多ければ多いほど、私ならばウレシイなぁ〜〜。

n1.jpg

…と色々ありましたが、「夢みるドレッサー」のシリーズも今日で一段落。
また次回からは、違うテーマでまいります。

最後にまたメディシンボックス画像で。右のミラーです。

tile counter1.jpg

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。



















posted by アドベンチャー at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ヨソ様の食卓事情...本日の茶のみ話...☆

tea2.JPG

注)ヨン様ではありませんよ。よそ様です。

一体、食事の際にテーブルにマットなどを敷いているお宅が、どれほどの割合なのだろう?
そう多くはないのでは・・・?

…と始まった、本日の茶のみ話。

ここ2日ほど続いた、M子担当の記事について、です。
まだ…の方は是非、ご覧下さいませね。

そうねぇ〜。
確かに、最近のダイニングテーブルはUV塗装されているものが多く、傷の心配が少ないですものね。
マットを敷かなくてはならない、という必要性がない。。。

tea3.JPG

美味しい〜♪ このお菓子、和と洋が混ざったような…。
横浜ありあけの「ハーバーズムーン」。
シチリア旅行で購入した壺と一緒に、義母がお土産として持ってきてくれました。

http://www.harboursmoon.com/

福島の「ままどおる」や札幌千秋庵の「北の街」に似たような感じです。
こちらを、妹から貰った、ルピシアのミモザティーと一緒に…。

そうそう、UV塗装ですね。
耐熱・耐薬品・耐磨耗(傷)の効果がありますので、家具は勿論、床材のフローリングなどにも使用されています。

少しテカリますので、ナチュラル感に乏しいのが難点かしら。

tea1.jpg

それで、茶のみ話は?

結局、ヨソ様の食卓事情はのぞきにくいもの…。
主人の話では、「面倒な事はやらないという、合理的な考えの人も多いだろう」との事。

でも世の中、食器好きな人は多いですよね。
それなのに気のむくままに買ってしまい、バラバラになり、なんとなく合ってはいないけれど一緒に使ってしまう。
…という方も多いことでしょう。

質感とか色や形、食器も多種多様です。

折角作ったお料理、たとえ手を抜いていたとしても美味しく見せるのが、食器やマットなどの小物達。


そういう私も、普段はそんなに手をかけていませんよ。
どなたかに、毎日食事のときキャンドルを灯している?って聞かれたことがありますが、それはありません。がく〜(落胆した顔)

むしろ、魚を焼いた臭いが、食後ももわ〜んと残り香になっているような時に、アロマキャンドルを登場させます。


少し時間のある時に、
これとこれは合うかなぁ〜〜〜とお手持ちの食器を組み合せてみると、新しい使い方を発見できたりして楽しいですよ。


余談)1枚目の画像…シチリアの壺と和食器がいいマッチング〜♪
我が家では、合わせやすいような白〜オフホワイト系の食器をたまに買い足しています。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。


posted by アドベンチャー at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ごはんの時の...テーブルの上...☆

IMG_1105.JPG

ダイニングテーブルの上、食事以外の時もステキにディスプレイしましょう・・・という昨日の記事を読み直し、少し考えてみました。

そもそも、食事の際に、テーブルをフルカバーするテーブルクロスを毎日使うって、洗濯も大変ですし、面倒ですよね。

そこで、ランチョンマットなどがあるわけですが…。

DSC04144.JPG

例えば、昨日の話のように、ディスプレイ用にマットやランナーといわれるクロスを、テーブルのセンターに使うとします。

そして、更にランチョンマットを並べてみると、寸法的に納まりが悪かったり、柄を考慮しないとチグハグになったり。

ランチョンマットだけで…となると、大皿料理などが並べにくいでしょう?

そこでひらめき 私は考えたるんるん

ディスプレイ時(食事以外の時)にも使えて、そのままお食事の時にも応用できるマットexclamation×2

こちらが、4人掛けサイズのダイニングテーブル用。
テーブル1.jpg

こちらは6人掛けサイズ。椅子の位置が3×3の場合は、1200×450サイズのクロスをもう1枚プラス、です。
テーブル2.jpg

私自身がいつもモヤモヤしていた事なので、この方式で一度試してみようと思います。
絶対、便利なはず。

ちなみに我が家はAのタイプ。
この図のように、短辺側にも椅子を置くスタイルです。

余談ですが、最近ダイニング用にも薄型TVを購入しました。
料理をしながら観る他、お行儀悪いのでしょうが、TVをみながらゆっくりとお食事を楽しんだりしています。

DSC04132.JPG
尚、画像は全て、モデルハウスのディスプレイです。


ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。




posted by アドベンチャー at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

ごはんの後の...テーブルの上...

table1.JPG

毎日のごはん…仕度も後片付けも大変ですよね。

ダイニングテーブルの上にはまだ醤油さしが載っているけれど、また明日使うし、と見てみないふり。

お茶の急須とポットも載ったまま。

…で、そのうちに、そこが定位置となる…。

あ〜こんなはずではなかったのに〜〜〜。

table2.JPG

更に、お父さん宛のDMとか、捨てられない伝票とかも困りますね。

「とりあえずしまっておこう」の類も増えるばかり。

リビングダイニングには、引出しなどの収納が沢山ほしい。

そうすれば、食事用のテーブルクロスや、パパッと飾れる雑貨類だって、近くにしまえる。

table3.JPG

シンプルなディスプレイが基本だけど、ステキに見せたいという時に…。

ダイニングなどのカーテンと同じ生地で、テーブルランナーやマットを作っておくと便利ですよ。
オーダーカーテンを注文する際に、余った生地があればもらっておき、
サイズを決めて、ミシンでジャジャっと縫い目処理。

生地が余っていないようでしたら、生地だけ一緒に購入するか、この際、縫ってもらうのも頼んでしまうといいですね。

カーテン生地には巾140cm前後と100cm前後のものが多いので、ストライプや柄などの場合は、イメージを確認しましょう。


ちなみに写真のようなマットですと、生地巾いっぱい×45cmとか100cm×35cm。ダイニングテーブルの大きさとの関係をチェックです。

市販のマットの場合は、飾るものとの相性を考慮してチョイスしましょう。

ディスプレイについては…
私が好きなのは、同じものを複数並べる飾り方。
高さのあるものは細めのフォルム、低めなら少し大きめでも。

間に、小さなキャンドルホルダーなどをポンとおいても、サマになります。

面がクロスで一部覆われているのでボリューム感もありますし、簡単な飾りでもセンスよく見えるのでは…?と思います。

kelly.jpg

↑↑↑こちらはロンドンのインテリアデザイナー ケリー・ホッペン女史の本。この方のディスプレイも好きです。


とにかく「ステキなインテリアの中で生活する」為には、せっせせっせと片付けなくてはならないもの。

限られた時間のなかで効率よく家事をすませ、他の色々な事に使う時間を増やす。
私にとっても、永遠の課題なのだワン。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。


posted by アドベンチャー at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

☆*キラキラのある家*☆…2階にはフラミンゴ…

wall sticker.jpg

4回目となる「キラキラのある家」。

2階はプレイルームのような広いホールもなく、比較的シンプルです。

奥の洋室へ行く廊下。

吹抜のリビングへとつながる内窓が右手に見えます。(上の写真)

壁にはカラフルなフラミンゴ。

uchimado.jpg

内窓を覗くと、そこに家族の気配があります。

どんな暮らしをしたいとか、
こんな暮らしを守りたいとか…

そこから家づくりが始まると思います。

お客さまとの そういうお話が大好きな、建築士Sクンのイメージで、本日は2枚目の画像を編集してみました。

ひらめき写真内の文が見ずらいかもしれません。
クリックで拡大表示すると、ご覧いただけます。


ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。





posted by アドベンチャー at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

☆.。:*キラキラ*:。.☆のある家…小技で勝負…

kira wc.jpg

本日は、設計とインテリアを当社で担当させて頂いたお客さまの、お引渡し〜お引越しの日。
朝一番でご挨拶にお邪魔し、少しですが ご一緒に、ウレシイ時間を過ごさせて頂きました。

とても雰囲気のあるオウチになり、私共もうらやましい限り・・・。
実は、お客さまも現場を知り尽くしたプロの方。
こだわりがステキに表現されていました。

可能でしたら後日、オウチの写真も一部、ご紹介したいと思います。


尚、冒頭の写真は今回のお客さま宅ではなく、本日で3回目となる「キラキラのある家」、水まわりです。

RC調クロスと大理石調床材を使用した、クリアなイメージのトイレ。


wc accessory1.jpg

「…調」を使う場合、素材自体の重みは感じられませんので、ひとつ間違うと安っぽくなってしまいます。
それを避ける為の方法として、「アクセサリー類をグレードアップする」というのが、私のイチオシ。

アクセサリーとは、トイレのペーパーホルダー・タオルリング・タオル掛けなどです。


wc accessory2.jpg

住宅メーカーさんなどでは、プラスチックの、ちょっとイケテナイ物が標準品になっているケースが多いですね。

今は、それほど高価でなくても、デザイン的に洗練されたものが沢山ありますので、内装や照明の雰囲気に合わせて探してみましょう。
小技(コワザ)ですが効果的ですよ〜。

一方、大技をかけたい朝青龍ですが、寄りきりで白鵬に完敗。。。という千秋楽、結びの一番でした。
これからの時代は、いかにうまく「小技」を効かせるかなのでしょう。


wc accessory3.jpg

↑↑↑ ユーティリティなどに使える棚。
シンプルな内装の、天井に小技な遊びをプラスした施工例、冒頭写真をご覧下さいませ。カワユス。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
ブログ村にお帰りの際には、応援クリックと共にこちらから…
村民以外の方も、是非お越し下さい。
  ↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。
posted by アドベンチャー at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

☆.。:*キラキラ*:。.☆のある家…キャンベルスープ缶はお好き?…

kira tomato.jpg

アンディー ウォーホルの「キャンベルスープ缶」。
あまりにも有名ですが、こちらのモノトーンタイプも新鮮で素敵。

実物と同じ赤白タイプの他にも、カラフルなバリエーションが揃っています。
以前、別のモデルで使ったものがこちら ↓↓↓

IMG_1042.JPG
少し見ずらくて、申し訳ありません。。。
窓を中心にシンメトリーな配置なので、同じデザインでも色違いにして、変化を出してみました。

ところでウォーホルが、キャンベルスープ缶を素材として用いたのは、
実際、彼が20年ほど毎日のようにキャンベルスープを飲み続けていた事によるらしく・・・
ご興味のある方は、どぞ。 ↓ 
http://www.linkclub.or.jp/~kawasenb/warholn.html

はぁ〜、飽きなかったのでしょうかねぇ?
ちなみに私は、コーンとクラムチャウダーが好き。
忙しくて自分でスープを作る時間がない日に、たまに登場させます。

コストコに行くと、まとめ買いでお安いですしね・・・。
コストコ、そろそろまた行ってみようかしら。

15-2color.jpg

今日は、「キラキラのある家」を色分析してみました。↑
昨日、話題にしたオフホワイトの色が、画像ですとうまく表現できませんが…。

ダークブラウン、ウォームグレーの濃淡。
更に、リビングから続きになっている和室の壁に、薄いブルーグレー色を使っています。

wasitu.jpg

大人っぽいカラーコーディネートで、素敵でしたよ。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますね。
  ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。













posted by アドベンチャー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

☆.。:*キラキラ*:。.☆のある家…オフホワイトを使いこなそう…

d+p.jpg

ブログのトップページで、現在使用中の写真・・・
あるモデルハウスで、私がこだわったクリスタルのシャンデリアなのですが、今回はこちらの家をご案内しようと思います。

一昨日の記事でも、この照明について、ふれさせて頂きました。

普段、家事をしながらでも、自分の好きなインテリアアイテムが目に入ると、少し楽しい気持ちになれるはず。

私はそう信じています。

「元気をもらう為の仕掛け」をオウチにする事。
そんな切り口でお客様とお話しできたら、プランやインテリアの打合せが、もっと楽しくなるでしょうね。

brno.JPG

ところでこのモデルは、シリーズの5棟とも「白」がベース色となっています。

ただし「ピュアな白」は、日常の生活空間において、あまり多く見かけないものですね。

必ずと言っていいほど、ほんの少しグレーが混ざっていたり、黄味がかっていたりするもので、これを総称して、オフホワイト off-white といっています。

言い換えると、オフホワイトの色を壁や天井などの大きな面積で使う場合などは、
微妙に入っている色合いを見極めないと、居心地の悪い組合せになってしまいます。
(失礼ながら、悪い例が大変多く実在します。)

なんといいましょうか、色どおしが絡み合うような・・・まとわり付くような・・・
私はいつも、そこを目指しているのですよ。ふぅ。

unico t.JPG

ポイントはやはりベースカラーのオフホワイト。

ふふっ。
そういえば先日、春物オフホワイトのチュニックワンピーを購入しましたぁ〜♪

最近のお気に入りが「ADORE」というショップです。
ファッションのコーディネートでも、色を上手に使いこなしたいな〜と、次なるアイテムを物色中のMでした。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お手数をお掛けしますが、応援のクリックをお願いしますねっ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。











posted by アドベンチャー at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

☆.。:*キラキラ*:。.☆で主婦力アップ作戦

インテリアブログ インテリアコーディネート 
  ↑ 参加していますが、まだまだ。。。実務は長いキャリアとなりましたが、ブログはビギナー。応援、宜しくお願いします。

crystal.jpg

今日からまた新しいテーマで・・・と考えております。
タイトルに入っている「キラキラ」。

潤んだ瞳がキラキラしていた頃ははるか昔。。。しかし。。。
そうなってもあきらめないのが現代を生きる女性。
内面から輝きたいと精進の日々、というか楽しくキラキラを探している方が多いですね。(私もそうありたいです)

本日の画像は、まずクリスタルのシャンデリアから。

少し前まで、キッチンなどの明かりは、吊戸棚の下につける20Wの蛍光灯が当たり前でしたね。
アクリルカバーの、アレです。

ところが最近はオープンキッチンが増えた事も手伝って、照明器具のデザインにこだわる方が多くなっています。
私自身、折角なら…と思うので、お客様にもどしどしご提案します。

ただし、このようなキラキラタイプのシャンデリアやペンダントは…

@ 電球型蛍光ランプに交換不可なものも多く、その場合、電気代は多少かさみます。
A 同じく、手元に陰影ができやすい。
B みがけばキラキラと光りますが、みがかないとドヨ〜ンとくすんできます。

などの特徴がありますので、要注意ですね。

「好きな灯りの下で料理する時間を幸せ」と考え、多少の不便さなど物ともしないというような信念が必要です。
う〜ん。好きなものを毎日眺めて過ごせるなら、私も多少の事は我慢するほうかなぁ。

尚、スワロフスキー社のクリスタルを使用したシャンデリアですと非常に高価ですが、画像の商品は頑張ればなんとか、という範囲内かなと思います。
詳細についてお知りになりたい方はお問合せ下さいませね。

pendant.jpg

こちらは手元灯にあたる2灯のペンダントがシンプルな小型タイプ。
吹抜のダイニング用灯りとして、ライティングレールにスポットを取付しています。

このスポットライトも、キラキラのガラスセード。
小型なので嫌味のないキラキラです。

クリスタルなどに限らず
自分にとってのキラキラを ぴかぴか(新しい)
ひとつでも インテリアにプラスすると、
おうち時間がハッピー〜♪になれそうですね。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
ブログ村にお帰りの際には、応援クリックと共にこちらから…
村民以外の方も、是非お越し下さい。
  ↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。







posted by アドベンチャー at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

...これを見て アナタは何を連想しますか?...

「色のリボン」のような ↓↓↓ を見て、何を連想しますでしょうか?

baraggan color.jpg

住宅のインテリアでは、あまり一緒には使わない組合せですね。

想像力豊かなアナタなら…
@ 幼稚園のインテリアカラー
A ある洋服ブランド(例えばポール・スミスとか?)
B 花束
C ニューヨークスタイルのカップケーキ
D 化粧品

…と、皆さま、色々なモノを思い浮かべた事でしょう。

ここでひらめき、しばらくブログの話題があちこちに飛んでおりましたが、久しぶりに本日は「モノトーンの家」の続きを。

sirokuro1.jpg

3月8日から3回連続でお送りいたしました「モノトーンの不思議な家」。
随所に黒をピリっと効かせ、シャープさを演出しています。

インテリア的に特筆すべきは、オーダーしたアイアンの階段手すり(建築士Sデザイン)と、和室の大胆なアレンジ。(過去ログから是非ご覧下さいませ)

色を極力おさえた世界は、「厳しさと静けさをあわせ持つ、頑固(?)なこだわり人間」に似合いそう。。。
美しいインテリアの家でした。

table

リビングダイニングなどのご紹介がまだでしたね。
これにつきましては、また次回に。

ところで、冒頭の「色のリボン」は、プレゼン用のソフトで色を作りました。
作る際にイメージしたのは、メキシコの建築家ルイス・バラガン。
ピンクやイエローなどに塗装された自邸が、世界遺産に登録されており、ご存知の方も多くいらっしゃる事と思います。
http://www.barragan-foundation.com/

メキシコの強い太陽、原色なのに、建物が自然に溶け込んでしまっている不思議。
色について、言葉で表現する事は難しいものですが、北国に住む私にとって憧れの色使いなのです。

…でもう一度…
baraggan color.jpg

これ、カワイイですね。
最近、画像遊びをしながら、フェイスヨガの真似をしています。
置物のようにじっとPCにむかい、たまにフェイスヨガ…我ながら恐ろしい。。。

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
ブログ村にお帰りの際には、応援クリックと共にこちらから…
村民以外の方も、是非お越し下さい。
  ↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。













posted by アドベンチャー at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

For ladies 。。。☆夢みるドレッサー☆。。。

senmen1.JPG

昨日のブログは建築士Sが担当いたしましたが・・・ご覧頂けました?
紅葉の写真はよしとして、あのゴツク、いかついバイク。はぁ〜
私には「アイスクリーム売りの人」にしか見えませんことよ。ふふっ

殿方の趣味って、結局女性とは違いますものね。
世のご夫婦の多くが、家を建てる際に直面する「趣味の違い」。
あぁ、何度、お客様の修羅場(夫婦バトル)を垣間見てきたことか・・・。

まぁ、それほど家に対する想い入れも強い、という事でしょうか。

…というわけでレディースの皆さま!!お待たせいたしました!!!
いうまでもありませんが、「夜露死苦」のレディースではありませんわよ。

本日の画像はタイルの洗面ドレッサーコレクション〜。ぴかぴか(新しい)

senmen2.jpg

タイルは私も好きな素材です。
タイル天板のドレッサーやカウンターは、選び方によってモダン、ナチュラルなどどんなイメージにも応用がききますね。
また、基本的に造作となるので、大きさや形などをアレンジできる事も魅力。

ただし、既製品の洗面化粧台も機能的で素敵なので、やはりここは「お好みで」という事でしょうか。

senmen3.jpg

あら?
本日、グリムスの木に、何か来るはずだったのですが・・・。
遅れているのか、忙しいのか、まだ来ていません。
(PM10:00現在)

ひらめき本日もお付き合いいただき、誠に有難うございます。
お帰りの際には、応援クリックと共にこちらから・・・
  ↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

お時間のある方は、過去ログへも是非、お立ち寄り下さいませ。











posted by アドベンチャー at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

□□□ようこそ、モノトーンの世界へ □□□

sirokuro2.jpg

玄関がどぉ〜んと吹抜になっていると、訪れる多くの人が
「やられた・・・」となる。
しかもクリスタルな輝きを放つシャンデリアと、研ぎ澄まされたようなモノトーンのインテリア・・・。

あぁ、ここの主は、さぞやビッグなセレブに違いない。

つい、上へ下へと目線が動き、更にやられた感が増す。


こんな感じをねらったわけではないけれど、実はねらえるこちらのモデル。
一昨日から、こちらのブログでご紹介していた、「これ、なぁんだ?シリーズ 不思議な家」の玄関ホールです。

とはいえ、以前にも書かせて頂きましたが、このシリーズは決してセレブ仕様というわけではありません。
これも情熱と工夫次第だ・・・と・・・。
建築士S、これに関して語ると熱くなるので、本日はスルーです。


sirokuro3.jpg

モノトーンが流行るのは不況の時、というのを以前聞いた事があります。

今のような不況の時代においても、背筋をピンと伸ばし凛として生きている・・・モノトーンは、そんなファイター達に似合うなぁと考える、ノンファイターのマメ子でした。


・・・to be continued・・・


ひらめき毎度お付き合い頂き、有難うございます。
本日も恐縮ではございますが、右側の「地球を守ろうコーナー」の下にある、住まいブログ又はインテリアブログのバナーをポチっとクリック、宜しくお願い申し上げます。




posted by アドベンチャー at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

The answer is … 不思議な家から。

画像 110.jpg

画像 108.jpg

ようこそ、マメ子ワールドへ・・・。
昨日の「これ、なぁんだ」が、こちらの和モダンな和室。
墨染色の畳に合わせ、徹底してモノトーンにこだわりました。

2間巾の大きな壁・・・
この壁にペタペタとウォールステッカーを貼ったわけであります。
新築の壁にイタズラをしているようなもので、アーティストならずとも少し心踊る気分でございました。

画像 117.jpg

画像 118.jpg

そして「なんだ?あれは…。」はこちら。
階段を上る途中から見えてくる、例の変な動物・・・。
上りきった2Fホール、階段の腰壁部分ですが、ちょっとしたアフリカンワールドとなっています。

アフリカンなイメージは、私も好きなテーマのひとつ。
過去に何棟か、このテーマのインテリアにトライしていますので、またそのうちにご案内します。

そういえば、少し前にTVの「おネエMANS」で、アフリカンイメージは今年の流行でもある、と紹介されていました。
「おネエMANS」好きです。
夫も嫌そうにしていますが、怖いもの見たさか、まんざらでもないようで・・・。

DSC04565.JPG

いやぁ〜〜ん。
オリーブときたら、やっぱりワインでしょう〜〜?
ペリエぇ〜〜〜?      
IKKOさん風に。

ひらめき本日もお付き合い頂き、誠に有難うございます。
お手数ではございますが、右側「地球を守ろうコーナー」の下にある、住まいブログ又はインテリアブログのバナーをポチっとクリック、お願い申し上げます。





posted by アドベンチャー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「これ、なぁんだ?」と「なんだ?あれは・・・。」の不思議な家−序章−

画像 110.jpg

次のモデルハウス、今回はイメージからのご紹介です。
・・・それにしても、この写真は抽象的すぎますか・・・

こちらは今年1月にオープンした5棟のうちの1棟。
こちらのブログでも既に3棟分はご紹介済ですので、まだという方は是非ご覧下さいね。

モデルハウスといいましても、展示場のような豪華版の建物ではありません。
標準仕様にちょっとした工夫をプラス。
そんなにお金をかけなくても、普通じゃないオンリーワンのお家が建てられますよ・・・というコンセプトのモデルなのです。

画像 117.jpg

だから、こんな所にも何かが・・・。

ところで私、家計簿はまるでダメでしたが、ブログは楽しくなってきました。
どうも最近、話題が仕事からそれたりしていますが、まずは無理せずに続けていきたいと考えています。
お茶の時間を楽しむ感じでしょうかね。。。

DSC04562.JPG

ひらめきご覧いただき、有難うございます。
お手数をおかけしますが、右側にある住まいブログ又はインテリアブログのバナーをクリック、で応援宜しくお願いします。






posted by アドベンチャー at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

これもリサイクル? ジャズを聴きながら・・・

モデル14‐10 3回目 玄関〜和室  

entrance〜wasitu.jpg

お気付きになった方もいらっしゃるでしょうが、2月14日、ブログに「グリムス」が貼りつきました。(発芽した苗木がカワイイ)
こちらはブログ更新ごとに芽が成長し、大きな木に育つと、実際に地球のどこかに植樹してくれるシステム。

木造住宅をご提案している会社として、地球に暮らす人間としての、小さな自然保護活動です。

さて、昨日に引続き「モデル14−10」インテリア編です。

パノラマチックな写真、右端がダイナミックな吹抜の玄関ホール。
階段部分の壁をわざと高くしていますが、視線を上へ引き上げる効果があるようです。
大きさを変えた穴(スリット)も 変化を感じられて、楽しい空間となりました。

art.JPG

こちらが玄関収納上のディスプレイ。
壁のアートと、フラワーアレンジメントの色合いを合わせています。
花匠五季のまやさん作。


wall paper.JPG

完成現場を見て、S氏が一瞬「うへっ・・・?」と目を留めたのがこちらのフスマ紙。
賛否両論ありそうですが、まわりが渋いので、この位なら許容範囲内かな・・・という事になりました。
ワタクシ的には、オモシロイと思います。
S氏はかなりの「渋好み」だからなぁ〜〜〜。


住宅の仕上げ材にも、可能な限り、自然素材を使いたい。
それが、私達2人の共通の 理想です。
その為には、自然保護だ!!エコ生活の実践だ〜!!


kamome sheep.jpg

エコと言えるかどうか・・・^^;
使わない箱をラッピングして本に見立てています。
(写真の棚をご覧下さい)
手間のかかる作業ですが、一風かわった、私なりのリサイクル。


ところで皆さま、ホッキョクグマが絶滅危惧種ですって。
地球温暖化は困りますが、札幌は暖かくなって欲しい・・・と願う、身勝手な冷え性女、マメ子でした。

。。。釧路のツヨシはメスだったのか。。。
。。。って、ホッキョクグマラヴァ−でない方には意味不明?

本日のBGMは MAL WALDRON。
私、ジャズについても詳しくありません。しかしながら好きではあります。


















posted by アドベンチャー at 16:28| Comment(0) | インテリアLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック